救命救急センターで働いている看護師の給料相場

→人気の看護師求人サイトはコチラ!

救急救命センターは、病院の診療科目の中でも常に忙しく緊迫した空気が張りつめている場所です。病棟勤務の看護師と比べると、24時間体制でてんてこ舞いの忙しさになることも多く、実際に患者さんに治療にあたる時間は多くなります。最近では救急救命センターを舞台にしたテレビドラマなども人気があり、そうした影響もあってこの診療科目への転職を希望する看護師は多いのですが、忙しい職場だとお給料も高くなるのかどうか興味がある人も多いものです。

救急救命センターは病院内では多忙を極める診療科目です。その中でも、三次救急医療機関に指定されている病院だと、命の危険がある患者さんが昼夜を問わず運ばれてくるため、全く気が抜けない日も少なくありません。しかし、忙しい職場でもそうでない職場でも、看護師にとってはその病院に勤務しているという事には変わらないため、残念ながらお給料は他の診療科目と比べるとほぼ同じということが多いです。そのため、この診療科目への転職を考える場合には、複数の病院の看護師給料相場を比較検討しながら、基本給が高く設定されている病院への転職を希望したほうが給料アップが期待できます。

病院勤務をする看護師は、日勤と夜勤とでは夜勤の方が看護師の数が少なくなります。これは夜勤の場合には患者さんのほとんどが寝ているため、日勤ほど忙しくなくなるからです。しかし、救急救命センターの場合には、昼でも夜でも救急患者の受け入れは同じですから忙しさは変わりません。命に関わるほどの救急患者が、朝になるまで待ってくれるという事はありませんので、どの病院でも救急救命センターは、日勤と夜勤のスタッフの数は同じになっています。夜勤に必要なスタッフ数が他の病棟勤務と比べると多くなるため、救急救命センター勤務の看護師にとっては毎月の夜勤の数が多くなり、夜勤手当は他の病棟勤務と比べると多くなります。夜勤手当も病院によって金額が異なるので、転職を考える際にはそうした細かい部分もチェックしながら仕事を探しましょう。

多忙を極める救急救命センターですが、残業はほとんどない病院が多いです。救急患者が一度にたくさん運び込まれれば残業して治療にあたることもありますが、基本的には日勤も夜勤も同じ数のスタッフで回している診療科目ですから、残業することは他の病棟に比べると少なくなるという特徴があります。ナースフルなどの転職サイトを活用すれば、お給料が高めの病院を探すことができます。

給料が良い救急救命センターを探すならコチラで!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社