救命救急センターで働いている看護師の仕事内容

→人気の看護師求人サイトはコチラ!

救急救命センター看護師は、他の診療科目と比べると仕事内容が大きく異なります。一般的な診療科目では、患者さんとコミュニケーションを取ることで全身管理を行うことが多いのですが、救急救命センターの場合には意識がない状態で運ばれてくる患者さんも多いため、バイタルチェックの値の変化などを敏感に察知する能力が必要となります。コミュニケーションが取れる患者さんの場合には、患者さんや家族から状況把握をするなどの職務も行います。この診療科目では、運ばれてくる患者さんはもちろん、家族もパニックになっていることが多いため、その中でコミュニケーションを取りながら必要な情報を収集する能力が求められます。気が動転している間は、医師や看護師の説明が全く耳に入らないという人も少なくありません。そのため、医師から説明を受けている内容でも患者さんや家族にもう一度説明したり、気持ちを落ち着けるサポートをすることも、救急救命センター勤務の看護師に与えられた職務となります。

どの診療科目に勤務する場合でも看護師の主な職務は、医師が診察したり治療を行う際の補助をすることです。治療前に患部を清潔にしたり、口腔ケアや体位変換などのサポートも看護師の職務となります。救急救命センターの中でも三次救急指定医療機関の場合には命に関わる患者さんが多く運ばれてくるため、患者さんの全身管理を行いながら、わずかな変化も見逃さずに医師へ報告するのも、この診療科目で働く看護師の大切な職務となります。

救急救命センターという診療科目では、看護師の仕事内容において他の診療科目と比べて大きく異なる点があります。それは、救急救命センターは命に関わる患者さんが運ばれてくることが多く、その中には医療スタッフの渾身の治療努力にもかかわらず亡くなってしまう患者さんも少なくありません。もちろん他の診療科目でもそうした事はありますが、救急救命センターという診療科目では科目の特性のため、患者さんの死に直面する機会が多くなってしまいます。救急救命センターへの転職を考えている看護師は、そうした点もあらかじめ理解しておかなければいけません。

最近ではテレビドラマの影響もあって、救急救命センターへの転職を希望している人が急増しています。ドラマの中で見る看護師の仕事内容は実際の職場にも当てはまる部分は多いのですが、現実の職場はテレビドラマのようにドラマチックではありませんし、多忙を極める中で心身ともに疲労困憊になってしまう人も多いため、精神的にも体力的にもタフな方が救急救命センター勤務には向いていると言えます。

救命救急センターの看護師求人情報を探すなら!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社