救命救急センターで働く看護師のデメリットは?

→人気の看護師求人サイトはコチラ!

看護師としてのキャリアを目指したい人にとっては、多くのメリットがある救急救命センター。しかし、メリットだけではなく同時にデメリットもあるのです。その中でも最大のデメリットは「忙しさ」で、一般病棟勤務の看護師でも毎日てんてこ舞いの忙しさになりますが、ある程度患者さんの数は予想できるので忙しさも想定内のことが多いもの。しかし救急救命センターの場合には、いつどんな患者さんが運ばれてくるかはわかりませんから、忙しさが短い時間に集中してしまうことも少なくありません。運ばれてくるすべての患者さんが命に関わる重篤患者だったりすると、精神的に大きなプレッシャーとなることは言うまでもなく、精神的な強さが求められることはこの診療科目の特徴です。マイペースで仕事をしたい人や、患者さんとコミュニケーションをとりながら仕事をしたい人にとっては、救急救命センターで働くことは精神的に大きなデメリットになってしまいます。

タフでなければいけないのは、精神面だけではなく体力面にも言えることです。救急救命センターは昼夜を問わずに救急患者を受け入れなければいけません。昼の忙しさも夜の忙しさも変わらないため、多くの病院では日勤のスタッフと夜勤のスタッフの数は同じになっています。一般病棟の場合には日勤のスタッフの数が圧倒的に多いのですが、これは入院している患者さんは夜眠っているからで、万が一のことがなければ夜勤はそれほど忙しくはならないものです。

救急救命センターの場合には、夜間でも緊急を要する患者さんが次々と運ばれてくるため、夜勤にも十分なスタッフが揃っていなければ対応することができません。そのため、救急救命センターでは日勤と夜勤のスタッフの数を同じにしているのです。この診療科目で働く看護師にとっては夜勤の数が多くなるため、日勤と夜勤が入り乱れるシフト勤務になっても体調を崩さない体力が必要不可欠となります。夜勤が入ると体調が悪くなるという人にとっては、この診療科目への転勤はあまり向いていないかもしれません。

また、救急救命センターでは、渾身の治療をしても助けることができずに亡くなってしまう患者さんの数も少なくありません。患者さんの死に直面する機会が多いというのも、考え方によってはこの診療科目のデメリットと言えます。看護師はどの診療科目で働いても「死」を避けて通ることはできない職業ですが、死に直面することで精神的なダメージを受けてしまう人にとっては、救急救命センターでのお仕事は難しいと言えます。

救命救急センターの看護師求人が満載のサイト!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社