救命救急センター働く看護師の年齢

→人気の看護師求人サイトはコチラ!

救急救命センターは現在全国各地に200ヵ所以上に設置されており、看護師の求人も多数見つけることができます。その名の通り緊急を要する治療を行う部門なのですが、そこでは看護師にも臨機応変に対応できる判断力や知識、そして体力が求められる職場でもあります。

そうなると気になるのが年齢です。必要なスキルを得るためにはそれなりの実務経験が必要になりますし、逆に業務に耐えられる体力も必要、となると他の診療科に比べて適性年齢が限られてくる面もあるからです。これからこの部門への転職を検討している場合には自分の年齢がふさわしいのかどうかをよく考えていく必要もあるわけです。

救急救命センターで働く看護師の平均年齢について具体的なデータはありませんが、実際にはかなり幅広い年齢層が従事しています。ただ、これから新たに採用するとなるとやはり若い看護師が優遇されます。一般的に30代までが上限といわれています。40歳以上で救急救命センターへの就職・転職を目指すのはハードルが高くなると判断した方がよいかもしれません。

年齢の上限に関しては各病院ごとに設定が異なっており、求人情報でも年齢制限が設けられているところとそうでないところがあります。制限がないところは年齢にかかわりなく応募することができるわけですが、できれば事前に実際にその職場で働く看護師はどれぐらいの年齢層が多いのかを確認しておきたいところです。若い看護師が多い場合、体力的につらくて年齢を重ねると勤められないケースが考えられますし、人手不足のためにやむを得ず年齢制限を設けていない可能性もあるからです。

救急救命センターで働く看護師の年齢に関してはその職場の勤務環境も大きく左右します。人手が不足して厳しいシフトで切り回している職場はやはり体力的な負担が大きく40代以上の看護師が勤めるのはなかなか難しい面もあります。また、対応している治療内容や設備によって急患の数が多いところとそうでないところがあります。夜勤や休日出勤、オンコールがどれだけ多いかも働く看護師の年齢層と深くかかわってきます。

基本的には20代〜30代半ばくらいまでが救急救命センターで働く看護師の中核となる年齢層です。ただ具体的な年齢層は各施設によって異なる、というのがこの部門の傾向となるでしょう。それだけに就職・転職を目指す際には自分の年齢でも採用されるか、働き続けられる環境か、事前の情報収集がとても大事になってきます。看護師向けの転職エージェントなどもうまく活用しつつ詳細な情報収集に努めていきたいところです。

救命救急センターの看護師求人情報はコチラで!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社